秩父・長瀞で紅葉を見るなら、城峰公園の「冬桜」も忘れずに!

埼玉の秘境!?紅葉と桜を楽しめるのは城峰公園だけ

東京から気軽にいける紅葉のスポットとして有名な、埼玉県の秩父・長瀞エリア。

見頃の11月から12月中旬にかけては多くの人が訪れることでも知られてます。

そんな秩父・長瀞エリアで多くの人が知らない紅葉スポットが、隣町の埼玉県児玉郡神川町にある「城峰公園」なんです。

ここの1番の魅力は、「紅葉」と冬に咲く「桜」が一緒に見ることができるんです!

さらに日が沈んでからはライトアップが行われて、夜桜を見ることができる素敵なスポットです。

冬桜の見頃時期はいつ?

img_5693

城峰公園の冬桜は「十月桜」で、八重の花をつける薄紅色のきれいな桜です。

開花時期は、10月下旬から12月にかけてですけど。

見頃は11月中旬くらいが紅葉とのコントラストが綺麗に映える景色を見ることが出来ます。

ちなみに、冬桜は満開とはならずに5分咲くらいに花をつけるものなので、満開じゃなくてもそれが冬桜です。

冬桜のライトアップ期間は、10月下旬から12月上旬まで

img_5692

昼間だと桜と紅葉に加えて周りの山々の景色がとても素敵な景観になってます。

それに加えて、夜のライトアップされた桜と紅葉の景観が幻想的な雰囲気を醸し出します。

ライトアップされている期間は、桜の開花と合わせて10月下旬から12月上旬までの間に日没から夜20時まで行われています。

img_5698

私が行った11月上旬は、まだ紅葉の見頃ちょっと前でした。

11月中旬くらいならもっと色づいた紅葉と桜のコントラストが綺麗でしょうね!

城峰公園は、首都圏自然歩道「関東ふれあいの道」のコースにも指定されていて。

キャンプ場・バーベキュー場・展望デッキなど様々な施設のある大きな公園になっています。

そんな広い公園の遊歩道に沿って沢山のイルミネーションが飾られているので、桜と紅葉だけじゃなく夜の散策にもオススメです!

img_5701

ちなみに、神川町にはゆるキャラが2人。

神川町特産の「梨」をモチーフに、城峯山の仙人「神じい」と、梨畑に住む妖精で神じいの孫「なっちゃん」というキャラクターがいます。

そんな2人が神々しく上峰公園の一番高いところに鎮座していたりします。

img_5696

左が神じい、右がなっちゃん

城峰公園までの行き方・場所

この城峰公園は、秩父・長瀞からだと山を1つ超えた隣町にあって、車だと30~50分くらいです。

ワタシ的には、「埼玉の秘境」と感じる程に大自然に溢れた場所にあります。

公園の近くには「下久保ダム」という非常に大きいダム湖があって、初めて見る人の目を奪う絶景なので運転に注意してください。

東京から車で行くなら、関越道の花園インターを降りるか、本庄小玉インターを経由するコースになります。

秘境ということもあり、道もわかりづらいのでゼヒNAVIをセットして確認してくださいね。

城峰公園

埼玉県児玉郡神川町矢納1277
駐車場          :無料

TEL                 :0247-52-3271(神川町神泉総合支所産業観光課)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です